乳がんと腸内フローラ

乳がんの予防も促進も腸内フローラ次第

 

 

 

乳がんは大腸を発生源とする病気の一つです

 

乳がんの発症率は年々増加していて
大腸がん、肺がん、胃がんに続いて死因第4位になっています。

 

 

乳がんはエストロゲンという女性ホルモンの影響を受けて
発生したり、増殖したりすることが分かっています。

 

 

大豆に多く含まれるイソブラボンから作られるエクオールという物質
があります。

 

エクオールはエストロゲンの作用を妨げて乳がんの予防に
つながることが証明されています。

 

そのイソブラボンからエクオールを作り出すために
大活躍するのが、腸内フローラの細菌たちなんです。

 

トップページに戻る


 
HOME もっと知りたい!腸内フローラ おすすめサプリメント 運営者プロフィール