アトピー性皮膚炎・花粉症・・アレルギーと腸内フローラ

アトピー性皮膚炎・花粉症・・アレルギーと腸内フローラ

腸内にある細菌たちは免疫力を強化して
免疫システムの調整をしています。

 

免疫システムは、外部から物質が身体に入ってくるときに、
有害な物質は外に追い出そうとしてくれる働きを持っています。

 

しかし、この免疫システム免疫システムのバランスが崩れてしまうと
本来なら追い出す必要のない無害な物質にまで過剰に反応してしまいます。

 

言ってみればアレルギーは免疫システムのバランスが崩れて
暴走している状態なんです。

 

 

このアレルギー症状に腸内フローラが大きく関わっています。

 

 

例えばフィンランドの研究で、アレルギーの子供の腸内フローラを調べたところ
正常な子供に比べて、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が少ないとの
結果が報告されています。

 

国内の研究でも健常者に比べて、アトピー性皮膚炎の患者は
ビフィズス菌の数が少ないことが分かっています。

 

 

腸内フローラの細菌たちが免疫システムを活性化しています。

 

 

免疫システムを活性化させるということは、免疫力を高めるというだけではなく
バランスを調整するということでもあります。

 

 

腸内フローラの細菌の種類や数が充実させて
善玉菌優勢の腸内フローラであれば免疫システムは正常に働きます。

 

病原菌やウイルスなどの「異物」だけをキャッチして
体外に追い出す自己防衛システムである免疫力のバランスを保つ事で

 

本来なら無害な物質に過剰に反応する
アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギーを減らすことに繋がります。

 

 

アトピー性皮膚炎でお悩みの方へ


 
HOME もっと知りたい!腸内フローラ おすすめサプリメント 運営者プロフィール