なぜ、30歳を過ぎるとダイエットが成功しないのか?おデブ菌の減らしかた。

なぜ、30代以上だとダイエットが成功しないの?おデブ菌の減らしかた。

ダイエット

 

 

「どんなに運動を頑張っても痩せない・・。」

 

「食べる量を減らしているのに太ってしまう・・。」

 

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

残念ながら年をとるにつれて、腸内の善玉菌はどんどん減っていってしまいます。

 

腸内環境が悪いと、腸は余分なものをどんどん吸収してしまい、
ぼてぼてになった腸は溜まりやすくポッチャリの原因になります。

 

 

なので、年を取れば取るほど、積極的に乳酸菌やビフィズス菌などを
摂取して余分なモノをどんどん出してくれる腸内環境を作ることが
ダイエット的にもとても良い結果をもたらします。

 

また最近の研究で、平均の人と、太った人の腸を調べたところ、
太った人の腸内で多くのフィルミクテス門という細菌が優勢だったという
結果が発表され、これが肥満体型の原因だと考えられています。

 

フィルミクテス門=これがいわゆるおデブ菌ってヤツですね。

 

「この憎きおデブ菌め!!」

 

 

ではなぜこのフィルミクテス門(言いにくいので以後、おデブ菌で統一しますね。)
が太る原因と考えられているのかというと、

 

おデブ菌は腸内で食べ物を発酵させ、そこから更にカロリーを生み出します。

 

 

つまり、カロリーを二重取りしてしまうというまったく嬉しくない状況が発生します。
この菌が増えると、わずかな食べ物からも大量のエネルギーを作り出す身体になります。

 

使われずに余ったエネルギーは脂肪となって体に蓄えられ、太りやすい体になってしまいます。

 

 

「食べる量を減らしているのに太ってしまう。」
のはあなたの努力不足ではなく、おデブ菌が腸内で増えてしまったせいと考えられます。

 

 

ではどうすれば、腸内からおデブ菌を減らせるのでしょうか?

 

大事なのは、おデブ菌に大好物を与えない食事をすること!

 

砂糖たっぷりの加工食品、
油脂でギトギトの肉料理、
油いっぱいの揚げ物料理、

 

これらおデブ菌の大好物を食べていると確実におデブ菌は増えます。

 

 

 

デブ菌という痩せた人をも太らせる腸内フローラ


 
HOME もっと知りたい!腸内フローラ おすすめサプリメント 運営者プロフィール