ウンチは腸内フローラからのラブレター。目標はバナナ3本分。

良いウンチの4つの条件 あなたのウンチは大丈夫?

「いきなり!」のタイトルでごめんなさい。

 

 

 

 

でも毎日、「自分のウンチをみること。」がとても大事なんです。

 

「腸年齢」という言葉があります。

 

腸内フローラの状態を表す指標として使われ、
腸年齢が若い人ほど腸内フローラがよい状態である事を示します。

 

腸年齢も、善玉菌 悪玉菌 日和見菌、この3つのバランスで決まります。

 

不規則な食事、仕事のストレスなどが身体に溜まっていくと、
善玉菌が減少して悪玉菌が増えていきます。

 

そういう人のウンチは量が少なく、中身は悪玉菌ばかりで、善玉菌はほとんどいません。
そして臭いもかなり強烈です。

 

悪玉菌はタンパク質や脂質を腐敗させる働きは持っているので、
腸の中の悪玉菌が優勢になると、腐ったような悪臭がします。

 

自分のウンチの量が少なく「ウッ!」「ツーン!」とくるほど臭い人は、
腸年齢が高齢化していると予測できます。

 

 

乳酸菌やビフィズス菌は、食べたモノを発酵させますが、悪玉菌のように
タンパク質や脂質を腐敗させる働きは持ちません。

 

なので善玉菌がよく働いている腸がつくるウンチは臭さが少なく、量も多いです。

 

同様にウンチだけでなく、オナラが臭いなぁと感じている人も要注意です。

 

良いウンチの4つの条件 あなたのウンチは大丈夫?

  • 臭いがキツくない。
  • 色は黄色~茶褐色くらい。
  • 硬さは歯磨き粉くらい。
  • 量はバナナ2~3本分。

 

実は日本人の腸内フローラは世界で最低水準です。

 

大便は「身体からの大切なお便り」と書きます。

 

腸の状態を教えてくれる腸内フローラからの大切な”ラブレター”です。

 

振り返らずにそのまま水で「ジャー」と流さずに、ちゃんと腸内フローラからのラブレターを
確認する習慣をつけましょう!

 

 

トップページに戻る


 
HOME もっと知りたい!腸内フローラ おすすめサプリメント 運営者プロフィール