風邪をひきやすいのは腸内フローラの影響?

風邪をひきやすいのは腸内フローラのせい?

ダイエット

 

人には外部から侵入してくる”異物”から身体を守り、風邪などの病気になるのを防いだり、
かかってしまった病気を治そうとしてくれる力があります。

 

これが、いわゆる免疫力ですね。

 

この免疫力が弱っていると、身体を感染症から守れなくなるので、市販の風邪薬などで
治しても、またすぐに風邪をひくという悪循環になります。

 

まずは風邪をひかない強い身体にすることが大事です。

 

乳酸菌などの善玉菌を体内に取り入れて、腸内フローラを改善すること。
これはそのまま、身体の免疫システムを大きく向上させることに繋がります。

 

免疫力の強化を期待できる菌とされているのが【ラクトバチルス菌】です。

 

【ラクトバチルス菌】はインターフェロンを生み出す力を強くしてくれます。

 

※インターフェロンとは?
感染症やガンから身体を守るNK細胞を活性化するため、ガンや感染症予防に期待されている成分です。

 

 

このインターフェロンを作るのを助ける【ラクトバチルス菌】には免疫力を強くする働きがあるということです。

 

 

 

最近、なんだか疲れやすい・・・。

 

すぐに風邪をひいてしまう・・。

 

思い当たる節がある人は、免疫力が弱っているのかも知れません。

 

積極的に【ラクトバチルス菌】を体内に取り込んで体の中から強くしていきましょう。

 

 

【ラクトバチルス菌】を多く含むサプリメントはこちら

 


 
HOME もっと知りたい!腸内フローラ おすすめサプリメント 運営者プロフィール